➤空き家対策‐賃貸‐

 空き家対策(空き家を貸す)

空き家問題の解決策の一つとして、空き家を賃貸に出すこという方法があり売ます。
空き家をリノベーションや修繕工事を行い貸家として貸す。更地にして駐車場として貸し出す、更地にして店舗用地などの事業用地土地て貸し出すなどの方法があります。
このページでは、空き家を賃貸する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

このページの目次

空き家を賃貸する《メリット》

空き家を賃貸することで、次のようなメリットがあります

金銭的なメリット

空き家を賃貸することにより、金銭的な負担や損失が少なくなります

  • 水道光熱費などの維持費
  • 賃借人が住むことにより急激な老朽化が防げます。

賃貸にすれば賃料収入を得る事ができます。

  • 礼金・更新料などは契約内容によりますが、収入となる場合があります。

自分の資産として存続させることができます。

  • 愛着のある不動産を他人に譲りたくないという人には賃貸がおすすめです

心理的なメリット

空き家を賃貸することで「空き家問題」に対し以下のような心配がなくなります。

  • 不法侵入・不法占拠される、犯罪に使われてしまう心配
  • 雑草や庭木を放置することにより近隣に迷惑をかける心配
  • 放火などの心配
  • 劣化により塀などが倒壊する心配
  • ゴミの不法投棄

 

不動産再生のメリット

空き家を賃貸物件として補修、修繕をして賃貸することにより、街の景観の向上などにも貢献できます。

空き家を売却する《デメリット》

金銭的なデメリット

  1. 賃貸をするためにリフォーム費用・クリーニング費用・設備の修繕費用などの費用が必要になります。
  2. 借主が変わるたびに、クリーニング、傷んだ個所の補修などが費用になります。
  3. 借主が見つからないと、収入が入らないリスクがあります。特に金融機関からの借り入れなどで当初の準備資金を用意する場合はこのリスクを常に考えておく必要があります。

時間的なデメリット

管理を不動産業者に委託したとしても、不動産業者とのやり取りには手間と時間がかかります。
また、賃貸として収益を上げている場合、毎年確定申告が必要となります。
規模にもよりますが、税理士と顧問契約を結ぶことなども検討が費用です。

弊所は「宅地建物取引業」の免許を取得しており、行政書士業務と併せて事業を行っております。

空き家に関するご相談は、弊所にお任せください

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-446-0396
受付時間
10:00~18:00
定休日
水曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-446-0396

<受付時間>
10:00~18:00
※水曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

行政書士 楓事務所
不動産業 楓事務所

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町1-12-10
コンフォート双葉3A

アクセス

京王線 布田駅 徒歩3分

受付時間

10:00~18:00

定休日

水曜・日曜・祝日